CASIOのウェーブセプター、バンド交換

当ブログ久々の更新は、CASIOの腕時計のバンド交換の巻き。
モデルはウェーブセプター WVA-430J

ご覧のように長年の使用により、裂けてきました。
画像

しかしアナデジ型の「防水ソーラー電波時計」は、実用的であり自分的に満足この上ない。
高級感には乏しいが、時計としては気に入っているし、壊れてもいない。
なんとかまだまだ使い続けたいと、思っていたのです。


ネット通販でベルトだけ手に入れました。税と送料込みで3,980円。
そして一応、工具も買い求めました。
ピン外し工具。交換用の先っぽと併せて1,020円(税・送料込み)


さあ気合入れて、さっそく作業開始。とは言え、結果、大した作業ではなかったんですがね。
画像

まずは準備したものオールキャスト。
1)バンドの切れ掛かった時計本体。
2)交換用のバンド(新品)
3)ピンはずし工具「ばね棒外し&替え先Y・Iセット


画像

バンドの付け根の、ここのピンを押して、手前にこじって、金具を上下とも外します。
・・・あら、力入れすぎたのか、工具の先端が曲がってしまいました。
 これ、簡単に曲がってしまうので注意してください。
画像

画像

おっとホコリとかけっこう溜まってる。フキフキ・・・&ばね棒はCRC556を吹いときました。

取り付けは簡単でした。工具も要らないぐらい。

画像

完成~。やった~、これでまたあと5年は使えますかね。
でも次はもう、バンドが売ってないでしょうねぇ。
太陽電池で半永久的なんですけどね。

ではまた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック